日本の『伝統文化』は先人たちの知恵の結晶です。
その結晶を学ぶ場所を作りたいと考え和の心は活動しております。
学びたいと思ったとき、和の専門家のお話を気軽に聴ける場所作りを目指しています。
和の心では、インターネットを通じて、気軽に和の講座を申し込む事が出来ます。
和の講座の内容は、初級より少し難しい内容を提供しております。
講座を受けた後、『伝統文化』は、やはり深い・面白いと感じて頂けると思います。ご参加お待ちしております。

築100年の日本家屋で【体感する舞楽】のお知らせ

築100年の日本家屋をリフォームして誕生した『空の杜
木のぬくもりたっぷりの日本庭園の眺められる閑静な環境にある隠れ家的な空間で【雅楽を味わって】みませんか。
ご参加おまちしております。

≪講師より≫
雅楽の世界で舞を伴う形式の事を「舞楽ぶがく」と呼びます。
今回の講義は、今までの「和の心」での雅楽演奏会での知識を踏まえた上で、少し上級向けになります。基本的な事は省き、舞による装束の違いや、意味などをご紹介していきたいと思います。

もともと、朝鮮半島や中国大陸などから伝わった音楽と舞
その由来によって「左方」と「右方」に大きく分かれます
そして、基本となる音楽や楽器編成だけでなく、装束や舞のかたちなども異なります。

そのような一定の法則や決まり事が分かれば、ただ観て楽しむ以上に、より平安時代を体感し貴族気分が味わえるかもしれません!

じっくり舞楽解説・説明をお聞きいただいた後は
実際に左方、右方の舞をご覧いただいたり、リズムを取って舞振りを紐解いたりしていきます。

いずれの舞も、多度雅楽会としては、東京では披露していない舞になりますので、今までご参加頂いた方も新しい舞が見られます。
また、巫女舞(豊栄舞)は、最後に生演奏に合わせてきちんと舞えるよう指導したいと思っています。

内容が分かって観る舞楽は今までとは何かが違うかもしれません。是非、じっくりと舞楽を味わいください。

【当日の演目予定】
鉾振三節、綾切、央宮楽、他
【講師プロフィール】
田中 松緑
桑名市多度町生まれ在住、桑名高校、北大卒
桑名市文化協会会員
雅楽道友会を出身母体として、宮内庁楽師ほか
多くの先生から指導を受ける。
【開催日時】
2016年6月12日(日曜日)17時から
※16時30分開場

古民家舞楽会タイムスケジュール

17:00-10 挨拶、鉾振三節説明
17:10-20 鉾振三節
17:20-30 舞楽講義(舞の種類と装束説明等)
17:30-45 左舞(央宮楽)舞の説明&舞
17:45-00 走舞(納曽利急)舞の説明&舞
18:00-10 休憩
18:10-20 豊栄舞
18:20-50 巫女舞ワークショップ
18:50-00 お披露目会
最初の1時間で、舞の講義と舞を3種類見ていただきます
残りの時間で、巫女舞のワークショップにしたいと思います。

【会費】
3000円
【最寄駅】
京成小岩駅南口より徒歩5分
JR小岩駅北口より徒歩16分
【場所】空の杜
築100年の日本家屋をリフォームした素敵な空間です。
http://kuunomori.com/shokai.html


 

■□■□ご参加お申し込みはこちら■□■□

LinkIconご参加お申し込み

========================
※講師や運営者の急病または当日の天災・交通機関の深刻な利用不可の理由により会を中止する場合があります。